カードローン審査

サラリーマンのためのカードローン審査ガイド

MENU
増額申込みを行う時には、書類がポイントになる場合があります。

増額申込みを行う時には、書類がポイントになる場合があります。なぜなら審査の兼ね合いで、収入が見られる事になるからです。

 

そもそも増額の可能になるか否かは、現在の収入状況に左右される一面があります。ある程度高めな収入の方々などは、増額が可能になる事も多いのですが、まずは審査を受ける必要があるのです。

 

一般的にキャッシングでは、50万円以上の利用額を求めるとなると書類が必要になる傾向があります。40万円台までなら書類は不要なのですが、50万円以上で書面の提示が求められる訳です。

 

ただしここでの書類は、身元証明書ではありません。どのような利用可能額でも、その書面は求められる事になります。そうではなく、50万円以上になると給料明細が必要になるのです。

 

というのも給料明細を提示する事により、現在の自分の収入状況を証明する事ができます。ですので50万以上の融資を希望するなら、給料明細は手元に用意しておくべきでしょう。

 

何も給料明細だけではありません。例えば確定申告の書面などでも、去年の所得を証明できるでしょう。あれには去年1年間で得た収入が記載されているからです。その他にも源泉徴収票でも収入を証明する事ができます。

 

そして肝心なのは、それを事前に確認しておくことです。そもそも多くの方々は、手元に給料明細を用意している事自体あまり無いでしょう。むしろ手元に用意していない方々がほとんどです。

 

しかし事前に給料明細が必要との情報が分かっていれば、もちろん準備できる訳です。ですので増額申込みの時には、給料明細が必要になるか確認しておく方が無難と言えます。