総量規制対象外

サラリーマンのためのカードローン審査ガイド

MENU
消費者金融は借り手の年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはならないという内容の規制です。

2010年における貸金業法の改正によって、いわゆる総量規制が導入されました。これは消費者金融は借り手の年収の三分の一を超える金額を貸し付けてはならないという内容の規制です。このような規制が設けられるまでは青天井の貸し付けが行われ、それにより破産する個人が後を絶ちませんでした。このような悪質な貸し付けは消費者金融が主に行ってきたことから、この総量規制についても、その対象は消費者金融に限定されております。

 

ということは、消費者金融以外は総量規制の対象外となってくるわけです。例えば、銀行のカードローンや農協や信用金庫による貸し付けなどです。このような機関による貸し付けは、消費者金融による貸し付けの金利である18%を下回る金利なので、かえってお得であるとさえいえるくらいです。しかしながら、もちろん審査はきちんと行われており、その申し込み資格についてはホームページ上でだいたい公開されております。

 

「お試し審査」というサービスもあり、求められている情報をいくつかホームページ上で入力するだけで貸し出してくれるかどうかを判定してくれます。もちろん本審査はあとであり、その結果が維持されるとは限りませんが、おおむね維持されるようです。

 

総量規制対象外の貸し付けであっても、競争は熾烈なものがあり、特典もけっこう充実しております。金利が同じくらいであれば、特典を比較して、どこから借りるかを決めるのもいいのではないでしょうか。